高木薬師如来 たかぎやくしにょらい

9908.jpg


町指定文化財 高木薬師如来

  • 指定年月日  昭和47(1972)年6月6日
  • 所在場所  鞍手郡鞍手町大字新北
  • 問い合わせ  明福寺(TEL)0949-42-2160

解説

『高木薬師の記』には、寛弘5(1008)年、この地方に流行していた疫病を鎮めるため、
長州赤間関(現在の下関市)よりたまたま当地に来ていた永才という徳の高い僧にお願いして
薬師如来像を彫り、17日間をかけて祈願をしていただいたところ疫病はたちまちおさまった、と書かれています。
本像はクス材を使って彫られた一木造りで、高さ145cmの立像です。
顔は目を半分開き、やさしい表情をしています。
また像の背後には頭の部分だけを覆う、輪光背が置かれています。
製作年代は、平安時代後期と考えられています。

詳しく知りたい方はこちらをどうぞ(『鞍手歴史図鑑』「高木薬師如来」P12-13





添付ファイル: fileP12-13.jpg 349件 [詳細] file9908.jpg 814件 [詳細]
ACCESSSCHEDULECONTACTABOUTADMIN |  | ENGLISHCHINESEKOREAN