長谷観音 はせかんのん

9890.jpg

                                  

国指定重要文化財 長谷観音

  • 正式名称  国指定重要文化財 木造十一面観音立像
  • データ  像高188㎝、材質クス
  • 指定年月日  明治37(1904)年2月18日
  • 所在地  福岡県鞍手郡鞍手町大字長谷 長谷寺境内
  • 問い合わせ  長谷寺 (TEL)0949‐42‐1634

解説

長谷観音が造られた由来は、行基の作をはじめとして、いろいろな説がありますが、
専門家によれば10世紀に、地方の仏師がその土地の樟の木で彫刻した仏像です。
九州で最も古い形(平安時代前期)の気品ある美しい姿です。
頭部から蓮の台座まで一本の木で造られています。仏像の背中の部分には、
樟の一枚板で造られた舟形の光背が置かれています。
なお、ご開帳*1は春の大祭4月17日・18日、秋の大祭10月17日・18日に行われています。

詳しく知りたい方はこちらをどうぞ(『鞍手歴史図鑑』「長谷観音」P8-9





*1 ふだんは閉じてある仏像の入れ物(厨子)の扉を、特定日に限って開きくこと

添付ファイル: fileP8-9.jpg 628件 [詳細] file_MG_9890.jpg 504件 [詳細] file9890.jpg 1818件 [詳細]
ACCESSSCHEDULECONTACTABOUTADMIN |  | ENGLISHCHINESEKOREAN