縄文貝塚 じょうもん かいづか

福岡県内で発見されている貝塚は約40ケ所ありますが、遠賀川流域ではその約半数の17ケ所が確認されています。町内では古月貝塚、新延貝塚があります。

古月貝塚

 古月貝塚は江戸時代に書かれた「筑前国続風土記」に記録があり、貝殻畑として紹介されています。その後数回の発掘調査が行われ、縄文時代後期を主体とする貝塚であることや、約5000㎡の範囲に分布していることなどが確認されています。また埋葬された人骨5体が発見されています。

ksl.jpg
古月貝塚1号人骨 平成5(1993)年9月調査 

新延貝塚

新延貝塚は明治時代に開通した室木線の布設工事の際に発見されたものです。現在は県道宮田遠賀線の新延第2橋交差点付近の地下約4mの所が最下層として確認されています。 縄文時代前期を主体とする貝塚で、狩猟の道具、漁業の道具、土偶、耳飾りなどの装飾品、どんぐりなどの木の実、しじみなどの貝、イノシシ、シカの骨、埋葬された人骨が出土しています。

nkk.jpg  nkj.JPG 
新延貝塚2次区南貝塚南断面                      新延貝塚E・F区埋葬人骨                           平成5(1993)年調査                           昭和54(1979)年調査(博物館展示)   

nki.JPG 
新延貝塚出土 


添付ファイル: filenki.JPG 1069件 [詳細] fileksl.jpg 1447件 [詳細] filenkk.jpg 1045件 [詳細] filenkj.JPG 1021件 [詳細]
ACCESSSCHEDULECONTACTABOUTADMIN |  | ENGLISHCHINESEKOREAN