県指定史跡 新延大塚古墳 にのぶおおつかこふん

新延大塚古墳内部.jpg 新延大塚古墳玄室内部

  • 古墳の内部をパノラマ写真で見ることができます。


県指定史跡 新延大塚古墳

  • 指定年月日 昭和47(1972)年11月18日  
  • 指定面積
  • 所在地 福岡県鞍手鞍手町大字新延
  • 問い合わせ 鞍手町歴史民俗博物館 (TEL)0949-42-3200

解説

遠賀川流域で最大規模といわれる横穴式石室は全長12m、玄室の高さ約4mの大きさです。
石室の奥壁、両側壁には高さ2m、幅3mの花崗岩が使われ、
天井に向かってドーム状に石が積み上げられています。
古墳時代の6世紀後半の円墳で、直径が約30mあります。
出土遺物は鉄製の馬具(鞍、鐙、 杏葉など)、須恵器などで、石室の規模、出土遺物から考えて、
相当の権力を持った豪族の墓であったことが想像できます。

詳しく知りたい方はこちらをどうぞ(『鞍手歴史図鑑』「新延大塚古墳」P6-7





添付ファイル: file新延大塚古墳内部.jpg 793件 [詳細] fileok1.jpg 313件 [詳細] fileP6-7.jpg 339件 [詳細] fileko2.jpg 309件 [詳細]
ACCESSSCHEDULECONTACTABOUTADMIN |  | ENGLISHCHINESEKOREAN