国指定史跡 古月横穴 ふるつきよこあな

古月横穴.jpg

古月横穴遠景

国指定史跡 古月横穴

  • 指定年月日  昭和7(1932)年10月19日 (追加指定)  昭和61(1986)年5月26日
  • 指定面積  6,680.35㎡
  • 所在地  福岡県鞍手郡鞍手町大字古門3080‐1他
  • 問い合わせ  鞍手町歴史民俗博物館 (TEL)0949‐42‐3200

解説

大正15(1926)年に発見され、現在までの調査で41基の横穴墓*1が確認されています。
古墳時代後期の6世紀後半から7世紀に使われたこれらの墓群は、
丘陵の南面、北面、西面の斜面に造られ、特に南面は墳丘を持つ9号墓があり、
その下部には29基の横穴墓が三段にわたって造られています。
また、2号墓、6号墓の玄室(死体をおさめる部屋)内部には線状に刻まれた文様があり、
9号墓は朱*2により斜線の格子状の文様が描かれています。

詳しく知りたい方はこちらをどうぞ(『鞍手歴史図鑑』「古月横穴」P4・5


 
古月横穴
地図中央部分です。現状では、地名が登録されていません。
[-]を押して、地図を引いていくと町全体における位置関係が確認できます。





*1 硬い岩盤に穴を刳り貫いて造られた墓
*2 硫化水銀を成分とする赤色の顔料

添付ファイル: file古月横穴.jpg 1039件 [詳細]
ACCESSSCHEDULECONTACTABOUTADMIN |  | ENGLISHCHINESEKOREAN